おつかいガイド

送り状を作成する

送り状を作成する

成約後、商品を発送するためには「送り状」を作成する必要があります。

ここでは、当ガイドをもとに送り状を作成できるようガイドしていきます。

「国際郵便マイページサービス」にログインする

こちらのページからログインしてオンラインショッピングツール「送り状を作成する」にすすんでください。

送り状画像_01

1.ご依頼主を選択する

ご依頼主選択画面では、お客様の名前、住所などの情報を設定します。

2.お届け先情報の入力

お届け先選択画面では、お届け先の情報を設定します。

お届け先の入力項目について「成約したリクエストのOtsukaiタイムライン下」に表示されている発送先の情報を元にお届け先を登録します。

※どれかひとつでも記入漏れがあると、発送後に商品が戻ってきてしまうことがありますのでご注意ください。

※郵便側にはメールアドレスの欄がありますが未記入でかまいません。

3.内容品を登録する

リクエストした人へのお届け先登録がお済みになられましたら、発送する内容品の登録にうつります。

発送種別

提案時に選択しました発送種別をご選択ください。

送り状画像_02
発送方法

発送種別の種類により選択・非選択が変わりますが、選択できる場合「航空便」をお選びください。

送り状画像_03
内容品の情報を入力してください

「内容品を登録」ボタンを押して発送するアイテムの詳細な情報の入力にすすみます。

送り状画像_04

4.新規内容品登録

「内容品名」は、正確で具体的な品名を記入してください。

送り状画像_05
送り状画像_06
  • 内容品の品名は必ず英語で記入してください。

    海外に物品を送付する際は税関への申告が必要です。記載が正確でない場合、税関検査に時間がかかったり、返送、没収などされることがありますのでご注意ください。

    例えば「おもちゃ」は広義の意味でとられてしまい、税関検査で中身を確認される可能性が高くなります。

    「ぬいぐるみ」や「フィギュア」など、具体的な品名を記入するようにしましょう。

    内容品の英語訳はこちら

  • 電池が入っていないことを明記してください。

    郵便局では電池が入っている物品を海外へ発送することができません。ぬいぐるみや電子機器など電池が使用されうる商品に関して、内容品名に電池が入っていないことを明記してください。商品を梱包する前に、電池が入っていないことをご確認ください。

    (例)Stuffed Toy(No battery)

  • 接着剤が使用されていないことを明記してください。

    郵便局では接着剤が使用されている物品を海外へ発送することができません。内容品名に接着剤が使用されていないことを明記してください。

    (例)Figure(No adhesive)

    内容品の正確な記載について

  • HSコードの記入は必要ございません。
  • 単価は仕入れにかかった単価をご記入ください。

5.発送関連情報登録

発送予定日、総重量やインボイスなど発送に関しての情報を登録します。

発送情報を入力してください。

発送予定日を選択してください。

荷物の重さを記入してください。郵便局窓口でも重さを測ってもらえるので、空欄でも構いません。

送り状画像_08
税関告知書・インボイス関連情報を入力してください。

インボイスの必要枚数を入力してください。

送り状画像_09

有償にチェックを入れてください。

送り状画像_10

必須ではありませんがトラブル防止のためメールを受信しているほうがスムーズに発送完了まですすむことができますので受信推奨となっております。

送り状画像_11

6.登録内容の確認をする

登録内容の確認画面で、入力した内容に誤りがないか最終確認をします。

7.送り状・必要書類を印刷する

送り状の印刷画面に移動したら、「注意事項に同意して送り状を印刷」ボタンを押します。

「お客さま印字内容確認画面」に移動するので、プリンターアイコンをクリックして、お客様のプリンターで各種書類を印刷してください。

※発送報告時に追跡番号が必要となります。この画面に記載されている「お問い合わせ番号」が追跡番号となりますので、必ず控えていただきますようお願いいたします。

送り状、必要書類を印刷したら、専用パウチの中へ入れ、荷物と一緒に郵便局へ提出します。

郵便局窓口で送り状、書類の内容を確認しますので、専用パウチは閉じないで提出してください。

8.さいごに

発送が完了次第「取引詳細画面」にある欄から、「追跡番号を入力」して「商品を発送しました」ボタンをおしてください。

送り状画像_12