おつかいガイド

梱包のやり方について

梱包のやり方について

外国では荷物の取り扱いが手荒なことも多いので、緩衝材はしっかりと入れておきましょう。

・缶バッジ、キーホルダーなどの小さな商品の場合

梱包写真_01
(1)気泡緩衝材(プチプチなど)で商品を包む

運送中に商品が壊れないよう、商品を気泡緩衝材(プチプチなど)で包んでください。

梱包写真_01
(2)商品を段ボール箱に入れる

段ボール箱を揺らしても中身の商品が動かないよう、雑誌の切り抜きや新聞紙などの緩衝材を隙間なく詰めてください。

梱包写真_01
(3)段ボール箱を閉じる

段ボール箱をテープで閉じる際は、段ボール箱のヘリの隙間も埋めるようにv粘着テープを貼ってください。運送中に段ボール箱が開かないよう、粘着テープで頑丈に貼りましょう。

・フィギュア、ぬいぐるみの場合(箱がある商品)

梱包写真_01
(1)気泡緩衝材(プチプチなど)で商品を包む

運送中に商品が壊れないよう、商品を気泡緩衝材(プチプチなど)で包んでください。

梱包写真_01
(2)商品を段ボール箱に入れる

外箱と内箱の間に隙間ができる場合は、緩衝材などを詰め、段ボール箱を揺らしても中身の商品が動かないように安定させてください。

梱包写真_01
(3)段ボール箱を閉じる

段ボール箱をテープで閉じる際は、段ボール箱のヘリの隙間も埋めるようにv粘着テープを貼ってください。運送中に段ボール箱が開かないよう、粘着テープで頑丈に貼りましょう。

・フィギュア、ぬいぐるみの場合(箱がない商品)

梱包写真_01
(1)気泡緩衝材(プチプチなど)で商品を包む

運送中に商品が壊れないよう、商品を気泡緩衝材(プチプチなど)で包んでください。

梱包写真_01
(2)商品を段ボール箱に入れる

外箱と内箱の間に隙間ができる場合は、緩衝材などを詰め、段ボール箱を揺らしても中身の商品が動かないように安定させてください。

梱包写真_01
(3)段ボール箱を閉じる

段ボール箱をテープで閉じる際は、段ボール箱のヘリの隙間も埋めるようにv粘着テープを貼ってください。運送中に段ボール箱が開かないよう、粘着テープで頑丈に貼りましょう。